今日は受難節の第五日曜日、ゲッセマネのイエス様を覚えたいと思います。

この時が、人となられたキリストの悲しみと苦しみの頂点であったかもしれません。

イエス様は

「父よ。みこころならば、この杯を取りのけてください。しかし、、、みこころのとおりにしてください」

と、血の汗をかきながら祈られました。

人が常識を越えた精神的な苦しみに会う時、血の汗をかくということは医学的にも起こり得ることだそうです。

これについてのメッセージを聞いた時に、精神的な病気から癒された方もいます。

イエス様は私達を救い、癒す為に十字架の道を選び、また私達を祝福する為に呪われた者となられました。

主イエス様。ありがとう!ありがとう!

———– K.デルミン

 

Today is the fifth Sunday in Lent and we will remember Jesus in Gethsemane.

This might have been the climax of the sorrow and suffering of Jesus Christ.

“Abba Father”,he said while his sweat turned into drops of blood, “Take this cup from me. Yet not what I will, but what you will.”

Things like this can happen while experiencing extreme mental suffering.

I heard a testimony about a person who got completely healed while listening to this message.

Jesus chose the way of the cross to save and heal us, he became a curse to bless us.

“Lord Jesus. Thank you! Thank you!”

———– Kerstin Dellming

 

今週の暗唱聖句

そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。

それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。

キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。

———– ペテロの手紙第一 2章24節

 

Who his own self bare our sins in his own body on the tree, that we, being dead to sins, should live unto righteousness:

by whose stripes ye were healed.

———– 1 PETER 2:24

Write a comment:

*

Your email address will not be published.

© 2014 富士クリスチャンセンター・鷹岡チャペル
Top
Follow us: