takaoka-chapel

 

今日は受難節の第二日曜日です。

イエス様がベタニヤのシモンの家に誘われた時、ある女がたいへん高価な香油の入った石膏の壺を持って、突然イエス様の頭に香油を注ぎました。

これを見た弟子達は「もったいない!何の為にこんな無駄なことをするのか。」と言いました。

しかし、イエス様に自分自身を捧げても、どんなに尊いものを捧げても、愛の捧げものや行ないは決して無駄にはなりません。

惜しみなくすべてを与えた主に、惜しみなく自分の愛と人生を捧げましよう!

———– K.デルミン

 

Today is the second Sunday in Lent.

Jesus was visiting Simon’s home in Bethania when a woman came to him with an alabaster jar of very expensive perfume and poured it on Jesus’ head.

When the disciples saw this, they said:” What a waste spoiling it this way!”

But when we give ourselves and the most precious we have to Jesus it is never a waste.

The Lord gave himself and all he had to us freely so let’s freely and joyfully give our love and lives to him.

———– Kerstin Dellming

 

今週の暗唱聖句

イエスのうしろに近寄って、イエスの着物のふさにさわった。

———– ルカの福音書 8章44a節

 

Came behind him, and touched the border of his garment:

———– LUKE 8:44a

Write a comment:

*

Your email address will not be published.

© 2014 富士クリスチャンセンター・鷹岡チャペル
Top
Follow us: